初めて四国に行ってきた②忽那諸島・怒和島へ

投稿者:

(こちらの記事は、春に行った四国への旅の覚え書きです)

4月14日(金)

フェリー
昨日下見をしておいた三津港から、瀬戸内海のスモール・アイランド、怒和島にフェリーで向かいます。
7つの有人島に寄港しながら、のんびり2時間ほどのクルーズです。

 

フェリーの波
気持ちいい!

今回の旅では、必ず瀬戸内海の小島を訪れたいと思っていました。
しかも日帰りはじゅうぶん可能でありながら、あえて1泊してみたいと。

その日最後のフェリーを見送って、何があっても明日までこの島にすべて預けるしかないんだという気分に浸ってみたかったのです。

怒和島を選んだのは、観光にはほとんど力を入れていないように思えたからです。
こうやって楽しんでくださいね、と提供されるものがない場所に行ってみたかった。

 

下船
上陸するよ〜

予約していた民宿の女性が、迎えにきてくださっていました。
島にただ1件の民宿です。

 

貼り紙
口開けって何だろう?

 

島の神社

 

黄色い自転車
貸し自転車で海沿いに島を一周します。
(ママチャリだろうと思っていたら、けっこう本気な自転車だった!)

 

海岸
静かなビーチ

 

玉ねぎとひじき
みかんと玉ねぎとひじきの島

 

畑
出会った人は皆、畑仕事か干したひじきの世話をしていた。

 

こんなお家がたくさん残っている。

 

怒和島の古民家
もちろん現役

 

桜!

 

あっちの山、おもしろいかたち。

 

元怒和港

 


もしもこの島に生まれていたら、なんて考えてみる。

 

宿の晩ごはん

民宿の晩ごはん。
鯛のお刺身がプリップリ♡
自家製らっきょうもおいしかったなー。
私以外のお客さんは、釣りのおじさんたち。
 

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA