伊丹十三記念館

初めて四国に行ってきた③松山から高知へ

投稿者:

(こちらの記事は、春に行った四国への旅の覚え書きです)

4月15日(土)

フェリー
今日は移動日。あ、来た。

 

高速フェリー
来た時のフェリーの倍の速さの高速船で島を離れます。
それからまた郊外電車で松山市内へ。

 

伊丹十三記念館

伊丹十三記念館
半端に時間が空いたので、市バスで伊丹十三記念館に行ってみた。
川を渡った向こう側。

 

伊丹十三の絵
絵がうまい!

映画、イラスト、エッセイ、デザイン、俳優…
あらゆる分野に才能がある天才。
生き生きとした直筆の絵や原稿、仕事の軌跡を見ていると
その作者がもういないなんて信じられません。
あんなふうに亡くなって本当に残念…

 

たんぽぽcoffee
明るい中庭に面した併設のcafe。
映画「タンポポ」にちなんだたんぽぽコーヒーを。

 

伊丹十三氏
帰ったら伊丹十三の監督作をぜんぶ見直そう。
(…って、8月現在まだ見てない…。)

 

松山から高知へ

おみかんポスト

 


映画館にも入ってみたかったなー。

 

さて、松山市駅から高速バスに乗って

 

高知についた!

 

はりまや橋、ちっさい…。

松山から終点の高知・はりまや橋までは2時間半くらい。
乗車してすぐ爆睡したので、途中の景色などはまったくわかりません。

注意しなければいけないのは終点・はりまや橋と言っても、実際のはりまや橋まではけっこう距離がある、ということです。
しかも小さいので、発見するのに少々手こずりました。
まさかあれほどちっさいとは!

 

高知にもハモニカ横丁がありました。

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA