初めて四国に行ってきた⑩まとめ・ひとり旅のススメ

投稿者:

(こちらの記事は、春に行った四国への旅の覚え書きです)

小さな不安

前からいちど行ってみたいと思っていた四国への旅。
そこには、私だけの小さな不安がありました。
それは、1週間ものひとり旅は実にウン十年ぶり、ということでした。

円高とバブルの恩恵を全身に受けていた当時こそ
ひとりであちこちをフラフラして
それはとてもよい思い出なのだけれど
そういえば家族を持ってからは
常に誰かといっしょの旅だった。
私、ひとり旅大丈夫かな?って
正直、ちょっと思ってた。

 

ひとり旅の何が不安?

計画を立て、準備し、それを実行するための基本的な旅のスキルは最低限あるとした場合、じゃあひとりだと何が不安って、寂しいかも?ってことだと思います。

もともと私はひとりの時間が好きな方だと思うんですが、それでも人恋しくなる時があります。
ひとり旅中は誰も私を知らない・私も誰も知らないですからね。今回はそれが1週間続く。

だったら、知り合いを作ってしまえばいいのでは。

なに、そんなすごい知り合いじゃなくていいんです。
お互いに「あ、あの人だ」って認知し合うくらいの、知り合い。
ホテルの人、お店の人、隣り合った人に、挨拶を心がけるだけでOK。
ちょっと挨拶を交わすとお互いを認知した印になって、ぜんぜん知らない人じゃなくなるんですよ。
もちろんそのあともっと話してもいいけれど、基本は挨拶だけでちっともかまいません。
一瞬でも誰かと繋がると、ポッと気持ちが温かくなる。
その程度のお付き合いをたくさん増やすのを心がけるだけで、一人旅が格段に楽しくなるし、自分のためのいい思い出になる。

人間関係って、緊密なのがいつもよいわけではありませんからね。
同行者がいると、そのメンバーだけで完結して少々排他的になっていたかもなぁ、と思ったくらいです。

 

何をしても何もしなくてもいい

結論を言うと

ぜんぜんOK。ひとり旅最高じゃん!

ひとりだと好きなもの食べて好きなとこ行けていいですね、と旅行中に何回か言われました。
その通りなんだけど、やりたいことをやれる自由よりも
むしろやりたくないことをしなくていい自由を満喫できるのがひとり旅。

 

ただ食事だけは、ちょっとつまんないですね〜
ひとりで食事するのはかまわないのですが
(ちゃんと味わうにはむしろひとりの方がいいかも)
もう若い時のように、そんなにたくさんは食べられなくなっちゃったから。
nbsp;

けっきょく一人暮らしとおんなじですね。

 

誰かといっしょも、ひとりもアリ

とはいえ
興味のなかった場所に誘われて行ってみたら楽しかった、とか
連れて行ったらとってもよろこんでもらえて嬉しかった、とか
そんな思いもたくさんさせてもらってきたわけで

家族や友人と、非日常の旅の時間をいっしょに過ごす楽しさ
感動や経験をを分かち合える嬉しさは
じゅうぶんに知っているつもりです。
そこにひとり旅っていう選択肢も加わって
よーし、これからもどんどん出かけるぞー♪(´ε` )

 


地元の方にひがしやまと親しげに呼ばれる干し芋。
松山でも高知でも見かけました。
ねっとり濃厚な甘みで、とてもおいしかったです。

次回はぜひ香川・徳島へ、そしてまた高知と愛媛も訪ねたいです。

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA