圧力鍋を使わない玄米の炊き方

投稿者:

甘酒の作り方を説明しようと思いましたが
せっかくなので、その前段階として玄米の炊き方を説明します。

玄米は圧力鍋がないと炊けないと思っている方も多いようですが、そんなことはありません。
土鍋でも、なんなら普通のお鍋でもちゃんと炊けます。
あんまり薄っぺらい鍋よりは、厚みのある方が上手に炊けるかな、くらいのもんです。


玄米を美味しく炊くコツは、しっかり浸水させること。これに尽きます。

浸水させるとフィチン酸が除かれ消化が良くなり、発芽するのでアブシジン酸が除かれ、しかもふっくらおいしく炊き上がります。

さっと洗ったら(研ぐ必要はありません。だって玄米だから!)いちどざるににあげ
寒い季節は一晩〜半日、夏なら3時間程度は水に浸けてください。

暑い時期は途中で水を替えた方がいいでしょう。
冷蔵庫なら季節問わず丸1日で浸水が完了します。

暑い時期3時間〜8時間〜冷蔵庫24時間

 


我が家には炊飯器がありません。
たいていこの土鍋を使っていますが、少量を炊きたい時は小ぶりなステンレスの鍋を使うこともあります。

何回も言うけど、ちゃんと浸水してあれば普通のお鍋でも玄米が炊けます。

白米ならさらに早くてかんたんです。

炊飯器がなくてもごはんが炊けると知った時の開放感といったら!
生きていく上で必要なものが少なければ少ないほど、身軽で自由になれますね〜♪( ´θ`)

 


浸水していた水は捨てて、新しい水で炊きましょう。

水加減は、米の量や鍋によって多少ちがうのですが
この土鍋で2カップの玄米を炊くときは、2と3/4カップの水を加えています。
ちなみに蓋の蒸気孔は木栓で塞でいます。

米が少量になるほど、水加減を多めにします。

何回かやっているうちに、きっちり計らなくてもこのくらいというのがわかってきます。
よく指の第一関節くらいまで、なんて言いますが、そんな目安を覚えるのもいいと思います。
だいたいで大丈夫。
それよりもちゃんと浸水させる方が大切です!

さて、この鍋をまず強火にかけてブクブクと沸騰させ、アクを取ります。
このブクブクが炊き上がりのカニ穴になりますから、しっかり沸騰させてください。
ちゃんと沸騰させればアクも取りやすいです。

アクを取ったら蓋をして弱火で30〜35分。
お焦げが欲しい人は、火を止める直前にパッと強火にしてから火を止めてください。
あとはタオルなどでくるんで保温しながら20〜30分ほど蒸らします。

 

炊けました。

続いて、このごはんで甘酒を作ります。

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA