みつろうラップを作ろう

投稿者:

材料はみつろうとお気に入りの布

水で洗って繰り返し使えるみつろうラップを作ります。


布は薄手のコットンを用意します。大きさは自由。

私はお土産にもらったインド綿のハンカチを使うことにしました。
みつろうはかたまりよりもチップ状になっているものの方が使いやすいようです。

 

低温のオーブンで5分


オーブンの天板にアルミホイルを敷き、布を広げて布の上にみつろうチップを散らします。
かたまりのみつろうなら、削って使います。

今回は布が天板からはみ出してしまったので、布を二つ折りにしてその上にみつろうを散らしました。
みつろうが溶ければ下までしみるから大丈夫です。

みつろうの量はてきとうでOK。
もし足りなくてもやり直すのはかんたんです。

温めておいたオーブンに天板を入れ85℃で5分

 


取り出したらすぐに干して冷まします。

・・・と言っても、あっという間に冷めるので、ちょっと手で持っているだけでいいかも。

これでできあがり!

とってもかんたんでした。

全体を見て、もしムラがあるようなら、その部分にみつろうを乗せてもういちどオーブンに入れてください。

 

みつろうラップのいいところ・注意するところ


撥水性がありながら、適度な保湿性・通気性もあるので野菜を包むのにいいですね。
抗菌性もあるので、お弁当のサンドイッチやおむすびにもよさそうです。

 


ホンモノのラップのようにピタッとはくっつきませんが、かたちに沿わせるとちゃんとそのかたちになってくれます。

 

みつろうの融点は65℃
なのでオーブンやレンジなどで使うことはできません。

お湯で洗うのもNG

また酸に弱いので柑橘系のものを包むのはやめましょう。

以上のことだけ気をつけて
お気に入りの布でぜひ作ってみてくださいね!

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA